アレルギー疾患対策基本法と拠点病院の位置づけ

2013年の調査で国民の2人に1人は何らかのアレルギー疾患に罹患していることが報告され、その後も乳幼児から高齢者まですべての年齢において幅広く増加の様相を呈しています。また、アレルギー疾患は複数の疾患を併発することが珍しくなく、発症や症状の増悪には生活環境の様々な要因が影響していることから、アレルギー疾患を総合的に、診断・治療・予防するための医療体制を整備・推進することは理にかなったことであり、我が国の医療における喫緊の課題であるといっても過言ではありません。

このような状況を踏まえ、アレルギー疾患対策基本法が、2014年6月20日に成立し、6月27日に公布されました。 この法律では、基本的施作として、以下の4項目が掲げられています。

アレルギー疾患対策基本法基本的施作

  • 1)アレルギー疾患の予防と症状の軽減
  • 2)アレルギー疾患医療の均てん化の促進
  • 3)アレルギー疾患を有する者の生活の質の維持向上
  • 4)研究の推進

福岡病院アレルギーセンターは、アレルギー疾患対策拠点病院として地域の医療機関・かかりつけ医と皆様が適切な医療が受けられるように連携していきます。

また、地域や病院を問わず質の高い医療サービスが受けられるように医療従事者向けのセミナーを開催し医療の均てん化を図ります。行政や教育現場とも連携し、様々な医療職種の方々にもアレルギーの知識及び緊急時の対応をセミナーやパンフレットなどを通して知っていただきます。

患者さん及び一般の方々へはこのホームページを通してアレルギー疾患への理解を深めていただき、地域社会全体でアレルギー疾患への対策ができるように努めてまいります。
並びに当センターではアレルギー疾患予防・治療のための新たな研究を進めており、その成果をもって社会全体への貢献を目指してまいります。

▼アレルギー疾患医療おける連携のイメージ図 アレルギー疾患医療おける連携のイメージ図